BOP(Base of the Piramid)地産地消プロジェクト〜Herbal Soap〜

ハニールネッサンスでは、ネパールで来年より現地の素材で作ったナチュラルソープを販売します。素材はネパール産、生産者はネパール人、販売者はネパールの個人事業社Honeyrenaissance and Exportネパールが担当します。

<コンセプト>
経済とエコロジーを兼ね合わせた究極のエコビジネス。

<こだわりポイント1ー地産地消>

ヒマラヤの自然の力を、現地の中で循環させます。
ネパールは、ヒマラヤからの薬草が豊富で、ナチュラルソープが実はとても魅力的な国。
質のいい石鹸が沢山あります。 しかし、現地の人はインドや大手国際企業からの輸入品を使っていることがほとんど。素敵な石鹸が作れるのだから、もっとネパールの人に国内の石鹸を利用できる環境を届けたい。
ハニールネッサンスでは、デザインがまだいまいちでもったいない隠れた良品石鹸のデザインや品質の改良をお手伝いし、ネパール市場での普及を進めます。ネパールで発生する利益や経済はほとんどが国内で循環する仕組みです。ハニールネッサンス現地サポーターの収入がこれら国内ビジネスで発生する循環を確立することを目指します。

<こだわりポイント2ー自然の浄化作用を保全>

究極のエコを実現。化学薬品の多い石鹸は、現地の上下水道の整っていない環境では自然の浄化作用に負担を与えます。無駄なものは一切使用せず、現地の自然から生まれた素材が大地に戻るシンプルな仕組みを目指します。

<こだわりポイント3−パッケージも自然派>

パッケージも、内装の薄い真空パック以外は石油素材を使いません。周りのパッケージはネパールの和紙を使い、季節の植物の葉や花を添えた「現地の土に帰る素材」で完成させます。

<総括ー究極のエコロジー経済>

地産地消、自然の浄化作用の保全、自然素材のパッケージで、ほとんどをエコに仕上げるナチュラルソープビジネスです。企画中の現地スタッフも納得の一品。今ではスタッフもこの石鹸しか使えないほどのお気に入り状態です。


▲ページトップに戻る